EXコインが唯一買えるBigbossの評判を調べたので共有します

EXコインが唯一買えるBigbossの評判について調べてみました。FXをする側としてではなく、EXコインを買う側から見た解説の記事です。

【結論】Bigbossの評判は悪い。でもだからどうした?決意は揺らがない

結論からBigbossの評判は悪かったです。

ただ現状は具体的な被害報告はほぼ見当たらなかったのも事実です。(口コミベースでお金が引き出せないという口コミが1件ありました。信憑性が分からないのでリンクは載せません。)

総合的に言うと、FXをやっている人にとっては使い勝手が悪く、さらに信用力が乏しいとの意見が多数を占めています。

「敢えてFXでBigbossを選ぶ理由はない」らしいです。

ただこの記事を読んでいる人はEXコインを買いたい人か、あるいは既に買った人だと思います。

FXの使い勝手は正直どうでも良いです。僕らにはEXコインと関係のある「信用力」の部分が重要です。

僕は既にBigbossでEXコインを購入してしまっているので後戻りはできませんし、しません。EXコインはBigbossでしか買えないので一択です。買うと決めたら考える必要はありません。買うのみです。

ただどんな業者なのか不安はあると思うので、知っておいて損はないと思います。逆に知らずにEXコインを買ったり所有していたりしても後で嫌な思いをするかもしれないので、情報を知った上で買うなり所有し続けるなりした方が良いと思います。

ちなみに僕は万が一、2,000ドルがパーになってもいいと思っています。それくらいの覚悟でEXコインに可能性を感じています。EXコインが死ぬ時は僕も一緒です。(2,000ドル程度で覚悟とか言ってすいません 汗)

それではEXコインが唯一買えるBigbossの評判を共有します。

Bigbossの評判が悪い2つの理由

Bigbossの評判が悪い理由は2つあります。EXコインを買う側にとってはこの2点に注目しなくてはなりません。

  1. ライセンス剥奪問題
  2. お金の管理に不安がある問題(分別管理で信託保全ではない)

他にも金融庁関東財務局から警告を受けたりしていますが、これは日本語の公式サイトを持っている海外FX業者は、ほぼ全てと言っていいほどこの警告を受けているようです。なので金融庁の件はあまり心配なさそうです。

また、日本の金融庁は制限が厳しく円滑なサービスを提供できないため、日本の金融ライセンスは海外FX業者からは敬遠されているようです。

①評判が悪い最大の理由ライセンス取消問題

Bigbossは過去にニュージーランド証券投資委員会の金融ライセンスを保有していたようですが、剥奪されたとの情報が多数見つかりました。

これがBigbossの評判が悪い最大の原因です。

現在はセントビンセント・グレナディーンというカリブ海の小さな国の金融ライセンスを保有しています。

FXの人から言わせるとこれはライセンスがないのも同然レベルの信頼性らしいです。これは僕も納得です。

10万人程度の小さな国のお墨付き(ライセンス)で世界で金融商売しようというのは、利用するお客側からすると不安です。

この件に関しては現在Bigboss側はニュージーランドの金融ライセンスを再申請しているとのことです。

EXコイン購入者としては懸念手材料になります。一刻も早く世界に通用するライセンスを取得してくれることを願います。

②お金の管理に不安がある問題(分別管理で信託保全ではない)

今度はお金に関する懸念材料です。

Bigbossは分別管理(自社でお客の資産を管理している)

Bigbossは分別管理という方法でお金(資産)を管理しています。

分別管理とは、投資家から預かった資産と取引業者(Bigboss)の資産を分けて管理することです。

この分別管理が行われることで、もし取引業者が潰れても投資家の資産は返還されるというものです。

「なーんだ、しっかりしてるじゃん!」と思いきや、これでは不十分という指摘が多いのです。

その指摘とは、要は取引業者が潰れたら、分別管理先の口座(お客の資産)も差し押さえの対象となる可能性があるという指摘です。

なぜなら顧客の資産を管理しているのは業者だからです。

つまりBigbossは自社の資産も顧客の資産も自社で管理しているから不安だということです。

要は自社のさじ加減で使い込んだりできるじゃん!ということです。

なるほど!

FXや投資をやってる人はやはり金融リテラシーが高いですね!

希望は信託保全(管理は第三者が行うので安心だよ!)

一方、信託保全という管理方法も存在します。

信託保全は取引業者ではない外部の第三者が管理するということです。これなら自分の資産が確実に戻ってきます。

この方が絶対安心ですよね!

落とした財布の中身が抜き取られないで帰ってくる確率が異常に高い日本でも、会社が潰れるとなればお客の金に手を付ける人間は絶えません。

外国ならさらに心配になるので、信託保全である方が絶対に良いですよね!

要は分割管理は自社で自社の通帳もお客の通帳も管理するけど、信託保全はお客の通帳は第三者が管理するからもっと安心だよ!ということです。

ただし、信託保全にも一部信託保全完全信託保全があります。資産の一部が戻ってくるのが一部信託保全で、全額戻ってくるのが完全信託保全です。Bigbossにもこの完全信託保全にしてほしいものです。

しかし、どうやらあえて分別管理を選んでいるようです。Bigbossがそうかは分かりませんが。

豆知識ですが、同一管理というものもあります。お察しの通り、自社の資産もお客の資産も同じ口座で管理するというものです。もし倒産したらお客の資産も同時に差し押さえられちゃいます。ちなみに日本国内では禁止です。今後、もしEXコインが広まって多くの取引業者で扱われるようになったら、くれぐれもこの同一管理の業者は選ばないようにして下さい。あなたの大切な資産を守るためにも!

海外業者は分別管理が一般的?

どうやら海外の取引業者は分別管理が一般的なようです。

理由は単純で、信託保全には口座の維持費など何かとコストがかかるから、のようです。

その維持費などのコストはお客が払うわけですから、サービスを安く提供しようと思えばなるべくコストは抑えたいと考えるもの当然ではあります。

その代わり、サービスなどにコストを掛けているというわけです。

よって「②分別管理の懸念」に関しては、僕の中ではある程度払拭できたかなと感じています。

参考になるサイトを載せておきます。皆さん金融リテラシーすごい!

海外FXは信託保全なし・分別管理のみで危険!?口座資金を守る秘訣を伝授します。 | 海外FX with〜FX海外口座の選び方〜

個人的にはBigbossのサービスは良いと感じていた

まだEXコインを買っただけですが、購入までにはBigbossとも何度かやり取りをしました。

回答は迅速かつ丁寧だし、日本語もネイティブに感じたし(おそらく日本人)、口座開設画面も日本語対応なのですぐに理解できました。

たったこれだけですが、回答が遅かったり、全部英語の画面だったり、対応が英語あるいは片言の日本語の業者よりは遥かに良いです。

初心者なので初回の取引はハードルが高かったですが、二回目からは楽でした。

取引画面も重くないし取引自体はスムーズに行なえます。

なので実際に今回Bigbossの評判を調べるまでは良い業者だなと感じていたのが正直なところです。

まとめ

Bigbossに関する情報をかなり調べましたが、90%以上が悪い評判でした。

悪い評判の内容はFX取引の使い勝手の悪さと信頼性です。

EXコインにはこの信頼性の問題が関係していました。

  1. ライセンス剥奪問題
  2. お金の管理に不安がある問題(分別管理で信託保全ではない)

②に関してはコスト削減の面もかなり強いようなので、仕方ないかなと思います。またBigbossは2013年に設立しそれなりの運営歴もあるので、その点は評価できるのでプラマイゼロ、いやプラマイちょっとマイくらいだと思いました。

しかし①に関してが最大の懸念材料だと思います。なぜニュージーランドの金融ライセンスが剥奪されたのか?

一刻も早く信用に値するライセンスの取得してほしいしです。

結論として、総合的にはそこまで危ない業者ではないかなという印象です。しかし何事も100%はありえないので、万が一Bigbossに預けている僕の資産がゼロになっても、その時はその時です。

捨てる神あれば拾う神ありかもしれないし、捨てられっぱなしかもしれません。

ただ、EXコインにはそのくらい決意させてくれる魅力を僕は感じています。

今回の情報を見て、危険だと思った方はEXコインを諦めてもいいと思います。もしくは今後EXコインがどこかもっと安心できる取引所で扱われた時に買ってもしいでしょう。

投資は自己責任です。

僕は資産的魅力以上に、EXコインの超国家通貨への可能性・魅力を感じています。

よって僕の決意は一切揺らぎませんでした。

以上!

本日もあなたの幸運を祈ってしめたいと思います。

幸運を!

タイトルとURLをコピーしました