ハードウェアウォレットとは

EXコイン

ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットとは仮想通貨の情報をインターネットから切り離したカード型やUSB型といった物体に入れて管理するウォレットです。

言葉で説明するより見た方が早いです。

Amazon.co.jp: 【日本正規品】Ledger Nano S (レジャー ナノS)仮想通貨ハードウェアウォレット ビットコイン イーサリアム リップル Less is More USB Type-Cアダプタ付き : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: 【日本正規品】Ledger Nano S (レジャー ナノS)仮想通貨ハードウェアウォレット ビットコイン イーサリアム リップル Less is More USB Type-Cアダプタ付き : パソコン・周辺機器
CoolWalletS(クールウォレットS) -仮想通貨 マルチカレンシー ハードウェアウォレット- - CoolBitX
CoolWalletS(クールウォレットS) -仮想通貨 マルチカレンシー ハードウェアウォレット-の通販をAmazonで。

コールドウォレットやホットウォレット、ウェブウォレットやペーパーウォレットなどの言葉をまだ理解していない方はまずはウォレットの全体像を把握してからハードウェアウォレットの詳細解説を読んだ方が理解が早いです。

ハードウェアウォレットのメリット

ハードウェアウォレットのメリットは3つです。

  • セキュリティが高い
  • 故障、紛失、盗難から資産を守れる
  • 気軽に持ち運べる

セキュリティが高い

ハードウェアウォレットはインターネットから切り離した状態で仮想通貨を管理するため、インターネット上で管理するウェブウォレット、インターネットに日常的に接続されているデスクトップウォレットやモバイルウォレットよりもセキュリティが高いです。

故障、紛失、盗難から資産を守れる

ハードウェアウォレットはPINコードとリカバリーパスワードを紙に書くなどしてバックアップを取っていれば、 万が一故障したり紛失したり盗難にあっても別の端末で復元や初期化することで資産が守れます。

ただし、紛失や盗難の場合はセキュリティが破られる可能性も出てくるので素早い対応が必要です。

気軽に持ち運べる

ハードウェアウォレットはUSB型やカード型といった非常にコンパクトなものなので気軽に持ち運べて便利です。

ハードウェアウォレットのデメリット

ハードウェアウォレットのデメリットは2つです。

  • 端末が高価
  • パソコンの知識がいる
  • 故障、紛失、盗難のリスクがある

端末が高価

ハードウェアウォレットの大きなデメリットとしては端末が高価という点です。

安いもので数千円ですが、高いと5万円以上するものもあります。

ただ資産を守るためのセキュリティや利便性を考えると人によっては必要なコストになります。

1,000円分の仮想通貨を5万円かけて守るというのは必要なコストではなく、無駄な出費です。

パソコンの知識がいる

ハードウェアウォレットはある程度のパソコン知識がないと扱うのに苦労します。

なので最低でもネットでハードウェアウォレットの操作方法を調べられるくらいのパソコンの能力や知識が必要です。

故障、紛失、盗難のリスクがある

ハードウェアウォレットはセキュリティが高いのが特徴ですが、やはり物なのでいつかは壊れます。

また持ち運んだり自宅に泥棒が入れば、紛失や盗難のリスクもあります。

万が一故障、紛失、盗難にあった場合はメリットでも話したように、リカバリーパスワードで復元や初期化を行います。

中古品は危険!それは既に他人のウォレットかも!

ハードウェアウォレットにお金をかけたくないからといって中古品を選んではいけません。

ハードウェアウォレットは使用する前にPINコードやリカバリーパスワード書き取りといった初期設定ありますが、もしその初期設定が既に済んでいる状態のハードウェアウォレットは、既に誰かが初期設定を済ませているということです。

自分で買ったはずのそのハードウェアウォレットは 、他人のものということです。つまりその中に入れた仮想通貨は盗まれるということです。

なので大切な資産を守るためにもハードウェアウォレットを日本で買う場合は日本正規代理店から買いましょう。

まとめ

ハードウェアウォレットとは仮想通貨の情報をインターネットから切り離したカード型やUSB型といった物体に入れて管理するウォレットのこと。

主なメリットとデメリットは以下の通り。

【メリット】

  • セキュリティが高い
  • 故障、紛失、盗難から資産を守れる
  • 気軽に持ち運べる

【デメリット】

  • 端末が高価
  • パソコンの知識がいる
  • 故障、紛失、盗難のリスクがある

ハードウェアウォレットはインターネットに繋がった状態で管理するホットウォレットよりもセキュリティが高く、故障や紛失や盗難にあっても資産が守れます。

またコンパクトなので気軽に持ち運べる利便性もあります。

ただしその分端末が高価というデメリットがあります。使い方もパソコンに慣れていないと難しいです。

故障や紛失や盗難に備えてPINコードやリカバリーパスワードも紙に記録して大切に保管しておきましょう。

一部の仮想通貨を外出先でも手軽に使いたい場合は、ウェブウォレットやモバイルウォレットを利用しましょう。

使わない分はハードウェアウォレットやペーパーウォレットといったセキュリティの高いコールドウォレットに入れておくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました